よいち漢方薬局

予防・早期医療に力をそそぐ漢方薬局

よいち薬局1よいち薬局2
薬局名 よいち漢方薬局
設立 平成6年
代表 店主  小林 洋一
所在地 〒486-0905 愛知県春日井市稲口町2丁目13-1
事業内容 ・漢方薬、自然薬の相談販売
企業URL http://www.yoichikanpo.com/
小林 洋一代表

小林代表インタビュー
「困ったことならのよいちさん」と呼んでもらえる様努力しています!

―活動内容

消費者向けはあまりしていませんが、依頼があれば食育を東洋医学的な観点からとらえた消費者向けの講演会を行っています。あとお店独自の小冊子やパンフレットを製作しています。「がんと言われたらしっかり食べよう」「ママの健康づくり読本 妊娠期、授乳期のママにおすすめの食事とりかた」を配布しつつ、この内容に沿った内容での消費者への講演をお受けしたりしています。
また、薬局、薬店の方たちの経営者従事者を集めた漢方の勉強会を定期的に主催しています。

―どのような薬局でしょうか?

予防医療、軽医療を中心に、食事や漢方薬を使った体作りを目指す薬局です。「こころとからだに自然の力を取り込み、漢方薬や健康食品の持っている、体が本来持っている回復する力、生命みなぎる力を回復し、維持できるようにしていきます。そのために中医学、中西医結合、日本の伝統漢方、アロマなどを取り入れ、お客様ひとりひとりに合った最適な回答ができるように日々研鑽させていただいております。
また、漢方は初めてという方向けに、ブログやfacebookなどを通じて情報発信を行っております。

―貴店が得意とするタイプがあれば教えてください。

胃腸の力が衰えた方や副腎の衰えから症状が長引いた方

-実際に貴店への依頼方法や流れを教えてください。

初回(または必要時)のみ来店必要

-概算の費用目安について教えてください。

20,000円

-お客様へメッセージをお願いいたします。

予防医療、軽医療を中心に、食事や漢方薬を使った体作りを目指す薬局です。「こころとからだに自然の力を取り込み、漢方薬や健康食品の持っている、体が本来持っている回復する力、生命みなぎる力を回復し、維持できるようにしていきます。そのために中医学、中西医結合、日本の伝統漢方、アロマなどを取り入れ、お客様ひとりひとりに合った最適な回答ができるように日々研鑽させていただいております。
また、漢方は初めてという方向けに、ブログやfacebookなどを通じて情報発信を行っております。漢方専門薬局の漢方薬は処方箋で扱われる漢方薬よりも幅広く、細かく細分化された処方があります。漢方薬は効いているかどうかわからないけどとりあえず飲んでいるというのではなく手ごたえのある漢方治療を目指しませんか?

取材者からひとこと

薬局は軽医療、病院はそれに加え手術、入院などの急を要する患者様を診る場所でもあります。
自分の体調不良が病院に行くほどでもないかもしれない、どこの病院に行けばいいのかよくわからない。そんな時はまず薬局の先生に頼ってみることで、病院の混雑を避けられ、医師の負担を軽くも出来ると感じました。
薬局とは病院の後に行くところという印象の方もいると思いますが、それぞれ別の役割があるのですね。
一人ひとりの心がけで、自分たちの健康や、医療の現場はよりよくなっていくと思います。

ご来店案内

「よいち漢方薬局」

住所 〒486-0905 愛知県春日井市稲口町2丁目13-1
連絡先 TEL:0568-34-9869
FAX:0568-34-9375
営業時間 (平日) 9:30~19:30
(土曜日)9:30~18:00
受付は終了30分前まで
定休日 日曜日
よいち薬局外観"




サブコンテンツ