深谷薬局養心堂

薬局情報

深谷薬局養心堂イメージ01
深谷薬局養心堂イメージ02
薬局名 深谷薬局養心堂
代表者名 深谷幹子
住所 愛知県刈谷市池田町2-201
電話番号 056-623-6089
FAX番号 056-623-6091
Email thekanpou@gmail.com
店舗数 3
URL http://www.katch.ne.jp/~yoshindo/
設立日 1923年5月15日
深谷幹子様

深谷幹子代表インタビュー

―活動内容

昨年は中医薬研究会の会員店の有志を募って上海にて診断学の研修を企画、引率いたしました。
昨年までは中医薬研究会の副会長兼学術委員長として学術シンポジウムなども企画、開催しました。
中医薬研究会の学術委員長として、東京と大阪で、基礎診断学講座、臨床応用講座をそれぞれ年9回開催しました。
中医薬研究会の学術誌「中成薬研究」の企画制作を行いました。
今年は中医薬研究会の地区定例会で講師として公演予定です。

―どのような薬局でしょうか?

中国の国立大学の医学部の客員教授をしていました。中国語での相談も可能です。日本中医薬研究会の副会長と学術委員長をしていました。日本に中国の漢方である中医学を普及させようと頑張っています。中医学は身体の現在の状態、どうして病気になったのか、これからどうなるのか、どのようにしたらよいのかを考えて、1番適切と思われる方法をお客様に提供いたします。今まで病院や他店の漢方薬であまり効果が出なかった方も、もう一度、中医学の理論であなたの体質にあった、今の状態にあった漢方薬を提案いたします。ぜひご来店下さい。

―貴店が得意とするタイプがあれば教えてください。

大人の女性のニキビ ひどい生理痛 生理の量の異常 

-実際に貴店への依頼方法や流れを教えてください。

原則は来店での相談。電話相談は状況に応じて可能なら。

-概算の費用目安について教えてください。

一ヶ月分15000-20000円程度

-お客様へメッセージをお願いいたします。

当店は中医学を中心とした漢方相談をしています。漢方には日本式と中国式があります。中国式の漢方を中医学と言います。中国には漢方専門の大学があり、付属病院があります。付属病院は日本の総合病院と同じで、何科、何科と別れていて、多くの患者さんがやってきます。
これに対して日本漢方は鍼灸以外には学校もなく、多くの人は自分で勉強しています。
この現状を打破して、少しでも多くの方に中医学のすばらしさを理解してほしいと思っています。
中医学は、陰陽五行を基礎理論として、人間の体の状態を把握して病気の原因をさぐります。
そしてそれに基づいて治療方針をたて、処方をえらんでいきます。
この病気にはこの漢方といった画一的な方法は行いません。
大変理論的な方法で、これを弁証論治と言います。
日本式の漢方で効果があまり出ない場合でも中医学で効果が出るケースも多いので、今まで漢方薬を飲んでいた方も諦めないでもう一度、ご相談下さい。

ご来店案内

深谷薬局養心堂

住所 愛知県刈谷市池田町2-201
連絡先 TEL:056-623-6089
営業時間 10:00~19:00
定休日 日・月・祝
店舗写真




サブコンテンツ