深谷薬局養心堂

薬局情報

深谷薬局養心堂イメージ01
深谷薬局養心堂イメージ02
薬局名 深谷薬局養心堂
代表者名 深谷幹子
住所 愛知県刈谷市池田町2-201
電話番号 056-623-6089
FAX番号 056-623-6091
Email meizyu@gmail.com
店舗数 3
URL http://www.katch.ne.jp/~yoshindo/
設立日 1923年5月15日

活動内容

2011年9月1日から2017年8月31日まで中国湖北省の湖北民族学院医学部の客員教授として中国にて講演をしていました。
2014年から2018年まで、中医薬研究会の副会長を務めていました。
2016年から2018年までは、中医薬研究会の学術委員長を兼任していました。
中医薬研究会は、全国に会員店約1000店の中医学の研鑽を主にしている団体です。
昨年は中医薬研究会で広州にて五官科の研修の団長をいたしました。
今年は台湾研修を企画しています。

どのような薬局でしょうか?

中国の国立大学の医学部の客員教授をしています。中国語での相談も可能です。日本中医薬研究会の副会長と学術委員長をしていました。日本に中国の漢方である中医学を普及させようと頑張っています。中医学は身体の現在の状態、どうして病気になったのか、これからどうなるのか、どのようにしたらよいのかを考えて、1番適切と思われる方法をお客様に提供いたします。今まで病院や他店の漢方薬であまり効果が出なかった方も、もう一度、中医学の理論であなたの体質にあった、今の状態にあった漢方薬を提案いたします。ぜひご来店下さい。

貴店が得意とするタイプがあれば教えてください

生理不順、生理痛などの婦人科疾患と、アトピーやアレルギー、自律神経失調など 症状のひどい方や軽い方など、体質改善を含めて相談可能

実際に貴店への依頼方法や流れを教えてください

電話などによる遠隔相談可能(全国)

概算の費用目安について教えてください

月2万円から3万円

お客様へメッセージをお願いいたします

漢方薬はこの病気にはこの薬と言ったような簡単な方法で処方を選ぶ事は正しくありません。
病気になる場合、必ず原因があります。
この原因を中医学的に考える事が大切です。
中医学は、陰陽五行を基礎理論として、人間の体の状態を把握して病気の原因をさぐります。
そしてそれに基づいて治療方針をたて、処方をえらんでいきます。
これを弁証論治と言います。
日本式の漢方で効果があまり出ない場合でも中医学で効果が出るケースも多いので、今まで漢方薬を飲んでいた方も諦めないでもう一度、ご相談下さい。

ご来店案内

深谷薬局養心堂

住所 愛知県刈谷市池田町2-201
連絡先 TEL:056-623-6089
営業時間 10:00~19:00
定休日 日・月・祝
店舗写真




サブコンテンツ