薬局アップルファーマシー

理想は悩みをもつ方たちの”交流の場”です

薬局アップルファーマシーイメージ1
薬局アップルファーマシーイメージ2
薬局名 薬局アップルファーマシー
代表者名 取締役  木村 昌彦
住所 〒732-0814 広島市南区段原南2丁目12-28
電話番号 082-263-8168
FAX番号 082-262-2616
E-mail QWN05174@nifty.com
設立日 平成2年5月14日
木村忍先生

木村忍先生インタビュー
自分の家族だったらどう接するか、いつもそれを考えています

―活動内容

酵素料理教室:食の安全を提案する上で、実際にどのようにすれば良いかを店頭にてメーカーさんの協力のもと、料理教室を実施。
子宝セミナー:メーカーさんの協力のもと、セミナー開催
温灸教室:温灸療法士さんの協力のもと、セミナー開催
腰痛教室:メーカーさん協力のもと、腰痛体操などを実施
岩盤浴体験会:当店の特徴の一つでもあるソフト岩盤浴を初回のみ無料体験して頂いたり、メーカーさん来店時に効果的な活用法を教えていただいたりしています。
バスツアー:お客様とのコミュニケーションのために当店主催の工場見学やバスツアー開催

―どのような薬局でしょうか?

常連のお客様が、何となく元気が出ないときも気軽にご来店され、お話するだけでも「元気になりました。」とおっしゃってくださいます。家族の相談をしてくださる方も増え、ありがたいことです。また、一旦お店から遠のいたお客様も、困ったときに思い出して数年ぶりに尋ねて下さる方もいます。地域の保健室としての役割を少しは果たせてきたのかなと思っています。 お薬やサプリメントの販売だけでなく、元気のトータルコーディネイトを目指し、岩盤浴や温灸体験、ひざを守る靴、健康靴下、加圧玄米、布ナプキンなど、取扱商品群も少しずつ充実してきました。毎週木曜日に実施しているリフレクソロジーも人気です。
処方箋調剤もありますので、処方薬についてのご相談も多く、病院で聞けなかったことや聞きにくいこともゆっくりお話できると喜ばれています。
数カ月前に新聞に折り込んだチラシを持ってお店を探して来て下さるお客様もいらっしゃいます。
中国地方では珍しい、話題のバドガシュタイン鉱石によるホルミシスマットを設置しています。病院の治療とホルミシスマットによるソフト岩盤浴を併用されることで、以前より順調に病院での治療が進んでいる方や、大病を患われた方が病後のケアや再発防止として活用される方、冷えを改善することで元気を取り戻す方などいらっしゃいます。最近は予約が増え、夏でも温まりたい方に多数ご利用いただいています。ソフト岩盤浴を継続することで、アトピーが改善されたりシミが消えたり、肩・腰・膝の痛みが軽くなって驚かれたり、下半身のむくみが取れて足がグッと細くなったり。私たちも驚くようなことがしばしばです。

―貴店が得意とするタイプがあれば教えてください。

冷えからくる様々な疾患(慢性疲労・関節痛・不妊・がん・便秘)

-実際に貴店への依頼方法や流れを教えてください。

初回(または必要時)のみ来店必要

-概算の費用目安について教えてください。

10,000円~20,000円

-お客様へメッセージをお願いいたします。

当店は地域に根差した薬局を目指しています。また、。“百の治療より一つの予防”をモットーにしている当店は、病気だから薬屋に行くのではなく、元気な方にも気軽にお出でいただきたいと思っています。
ほとんどの病気は一朝一夕に発症するのではなく、日頃の生活の結果です。病気になってお金も時間も浪費するより、元気なうちに今の元気を継続しましょう。そのために、日頃できるちょっとしたこともアドバイスさせて頂いております。
また、老化を止めることはできませんが、遅らせることは可能です。ただ長生きするのではなく、生きている間は元気でいたい。そんな想いを大切にしたい私たちです。

取材者からひとこと

「自分の家族のようにお客様のことを考える」というのはとても難しいことだと思いますが、気負いなくあたりまえのようにやっていらっしゃる姿に感心しました。信頼関係がしっかりと築かれているからこそ、的確なアドバイスもできるのではないでしょうか。今後もお客様とのよい関係を大切にして頂きたいと思いました。

薬局アップルファーマーシー ご来店案内

住所 〒732-0814  広島市南区段原南2-12-28
連絡先 TEL:082-263-8168
FAX:082-262-2616
営業時間 9:00~19:00
定休日 日曜日、祝日
店舗写真



薬局アップルファーマシー アルバム

薬局イメージ1

岩盤浴コーナー

薬局イメージ2

薬局内の様子

薬局イメージ3

お料理教室

薬局イメージ4

お客様とのバスツアー



サブコンテンツ