倉持薬局

薬局情報

倉持薬局イメージ01
倉持薬局イメージ02

薬局名 倉持薬局
代表者名 代表取締役社長 倉持陽一
住所 茨城県古河市本町2-7-23
電話番号 0280320047
FAX番号 0280320198
E-mail halcion0.25@nifty.com
店舗数 1
URL http://kuramochi-yakkyoku.jp/ /
設立日 昭和32年2月
倉持陽一 代表取締役社長

倉持陽一 代表取締役社長インタビュー

-どのような薬局でしょうか?

薬局としてとして明治時代に設立し1957年2月に法人化 営業は週6日、月曜定休日です。営業時間は8:30~19:30 薬剤師1名 登録販売者1名 相談スタッフ2人 企業理念は「全て全力で!」 薬局のコンセプトは「病む人に希望と安心を与えること」 お客様は20代~80代の女性が多いです。“相談や実体験のできる”数少ない薬局です。お客様が経験してきた、今までの生活習慣や人生感をリセットして“生活習慣の改善を漢方薬で行い、そして化粧品やエステで美容をして”でお客様の考える理想な体作りができるように、漢方薬の処方とカウンセリング、エステを行っています。

-お客様と接する姿勢を聞かせてください

健康増進関連にカウンセリングを行いお客様の声をもとに現在罹っている疾患の治療や、これから発症してしまう恐れのある病に対し事前に防げるように漢方薬や保健薬を処方しお客様の健康増進をスムーズに行えるようにしております。 また、国が掲げるセルフメディケーションに寄与し、保険医療費の増大に歯止めがかかるように地域のお客様の健康管理・増進に役立てるように努力しております。 カウンセリングは完全予約制で初回は誤診がないよう、90分(選薬とカウンセリング)、2回目以降は30分の相談を行っております。

-地域への取り組みを教えてください

高齢化社会になり医療費は増大し続けており、メタボリックシンドロームとして国の政策として予防医療が進む中、肥満人口は30年で2.5倍にも増加して、日本人の肥満者は男性で28.6%、女性20.3%となっております。〈厚生労働省「国民健康・栄養調査の結果の概要」より〉特に40代女性の肥満が急激に増えているのはやはり、ホルモンバランスの影響もあるのが現状です。カウンセリングを行い、食事のとり方や運動の仕方などを薬剤師が説明し実践していただけるように徐々に意識改革を行い、お客様の体質にあったに漢方を処方して、結果を出しています。生活習慣病と肥満は密接に関係しており、生活習慣を改め標準体重にすることにより膨大化し続けている保険医療費の削減に寄与できるよう、地域の皆様が元気で健康な人生を歩んで生けるように日々努力しております。

-大切にされていることは何でしょうか

健康面に関し、病院では異常なしと診断されたにもかかわらず症状があり悩んでいる方や、病院では診断時間が短くドクターとなかなか相談ができず何処でお客様自身の健康状態や症状、そしてお薬のことを相談してよいか迷っているお客様が多く存在し、その方たちのために適切なアドバイスやお薬の服用方法や副作用、他併用薬との相互作用を的確にアドバイスを行う。今後このようなお客様は増えると思い、より専門性の高い薬局は必要になると思います。

-今後の展望をお聞かせください

お客様は漢方薬やサプリメント使いたいではなく「病気を治したい、病気にならない体作りをしたい」という体験を売りたいと日々思っております。ネット販売や大型店での値崩れに対抗はできませんが、当店にご来店頂きその方にあった漢方やサプリメントをカウンセリング決定し、アフターフローのカウンセリングも予約制にて行いきめ細やかな体験型のサービスを販売し、お客様皆さんに健康になっていただくことを続けていきます。これはネット販売や大型店にはできない体験型のサービスです。

ご来店案内

倉持薬局

住所 茨城県古河市本町2-7-23
連絡先 TEL: 0280320047
営業時間 8:30~19:30
定休日
店舗写真




サブコンテンツ