開気堂薬局

薬局情報

開気堂薬局イメージ01
開気堂薬局イメージ02
薬局名 開気堂薬局
代表者名 管理薬剤師 東海林 正弘
住所 〒236-0016 横浜市金沢区谷津町363-1 エクセル文庫1F
電話番号 045-790-5691
FAX番号 045-315-1408
E-mail kanpou@kaikido.jp
店舗数 1
URL http://www.kaikido.jp
設立日 2004年5月
東海林正弘代表

東海林正弘代表インタビュー

-どのような薬局でしょうか?

薬科大学の生薬学教室を卒業後、すぐに東京の老舗漢方薬局に勤めて10年間日本の漢方・和漢薬・民間薬を学びました。丁度その頃、日本で「中医学」という中国の伝統医学が注目されはじめた時です。中医学を基礎から学ぶために、留学して中医学を勉強して来た先生が所属する漢方薬局に転職し、その後支店の店長として10年間中医学をベースにした漢方相談の経験を積みながら、僅かな貯金を叩いて家内と二人三脚で、平成16年に地元横浜で開気堂薬局を開局しました。
一見普通の薬局ですが、敷居の低いアットホームな漢方相談薬局です。漢方の得意分野である婦人科疾患や不妊症、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患の相談には特に力を入れております。

-お客様と接する姿勢を聞かせてください

当店では、お客様一人一人の訴えを中医学の特徴である『弁証論治(べんしょうろんち)』(一人一人の病気の経過、元々の体質を分析して治療法を導き出す)に基づいてお薬を選んでおります。
弁証論治の過程で四診の情報が必要となりますが、特に望診による体格・顔の色艶・舌の色形などの情報は直接患者さんを見ないと得られない情報なので、初めての方は原則ご来店いただいております。また中医学の『未病先防(みびょうせんぼう)』(発病する前に体に現れる異常を察知して早めに病気の芽を摘み取る)の考え方を皆さまにご理解いただくために、お客様一人一人に十分な時間をとって、養生法もご指導しながら漢方相談を行っております。

-地域への取り組みを教えてください

西洋医学に足りない部分を十分カバー出来る中医学の考え方を普及するために、開局以来、毎月地元のタウン誌にコラムを連載しております。(バックナンバーは当店HPの<漢方メモ>を参照)
横浜市が行っている「横浜ウォーキングスタンプラリー」に当初から協力して、店頭にポイントリーダーを設置し、万歩計のデータの記録に立ち寄る方々にも中医学の健康情報を提供しています。また地区薬剤師会では、会員向けの講師や区民無料健康相談会などに協力して、中医学の普及活動を行っています。また神奈川中医薬研究会の会長赴任中に制作した「生理痛はないのがあたりまえ!」のポスター・のぼり・リーフレットで生理痛撲滅活動を継続中です。

-大切にされていることは何でしょうか

「じっくりとお話しを、聞かせていただく」ことです。お客様の訴えや感じ方は様々です。すでに病院で西洋医学の検査や治療を受けている方が大半です。何も不調を感じて無いのに健康診断で問題を指摘された、不調を感じて病院を受診したのに検査で異常が無かった、病名が付くまで病院を何件も変えたなど、皆さん病名や数値に惑わされています。大切なのは、自分の体に現れる様々な不調・変調にもっと関心を持っていただくことです。そのためには、快食・快便・快眠が出来ているのか?検査結果だけでなく体全体の症状を伺います。そのうえで、お客様に中医学理論をお教えして、その方に合わせた食事、生活指導などトータルなケアをしております。

-今後の展望をお聞かせください

経験則が多く学問としての基礎理論に乏しい日本古来の「漢方」の起源となる「中医学」は、近年「現代中医学」として中国国家が認め大学で履修されている医学です。アメリカをはじめ世界中が注目している中医学を、最も遅れている日本に普及させるために、「日本中医薬研究会」の仲間と共に普及活動をしております。店頭でハード(漢方薬)を提供するだけでなくソフト(中医学理論)も提供して、お客様ご自身が生活の中に中医学の考え方を取り入れ、薬を上手に使い(薬養生)、家族の健康管理に役立て・・“ぴんしゃんコロリ”と健康寿命を全うしてもらえることを願っております。

ご来店案内

開気堂薬局

住所 〒236-0016 横浜市金沢区谷津町363-1 エクセル文庫1F
連絡先 TEL:045-790-5691
営業時間 10:00~19:00
定休日 日曜・祝日
店舗写真



開気堂薬局アルバム







サブコンテンツ