株式会社永寿屋本店薬局 マーシィー稲田薬局『健幸館』

薬局情報

マーシィー稲田薬局01
マーシィー稲田薬局02
薬局名 株式会社永寿屋本店薬局 マーシィー稲田薬局『健幸館』
代表者名 代表取締役 北澤 尚雄
住所 〒381-0042 長野市稲田1-39-1
電話番号 026‐239-6767
FAX番号 026-239-6363
E-mail info@e-mercy.co.jp
店舗数 2
URL http://www.e-mercy.co.jp/
設立日 1951年
他100選受賞 【子宝部門】http://funin100.com/e-mercy/
代表取締役 北澤尚雄氏

北澤尚雄代表インタビュー

-どのような薬局でしょうか?

創業江戸時代寛政年間(1790年代)の長野市で一番古い歴史を持つ薬局です。現在代表を務め漢方相談の総責任者である北澤尚雄は八代目となります。西洋医学を否定せず、面での処方箋の調剤も行いながら、できるだけ対症療法を減らし、根本治癒を望む患者さんのアドバイザーとして、心・體・食(生活習慣全般)について最新の知識と伝統の智慧を駆使しながら、「生まれてきてよかった!」と感じていただける人生のサポ―トをさせて頂いております。相談専門のコーナーが3つ、その他光線療法・宝石温熱療法・キネシオロジー・経筋療法ができ、薬局の奥には「健幸工房」という名前で、トレーニングジムの設備を持っています。

-お客様と接する姿勢を聞かせてください

目の前の患者さんが自分の家族だったらどうする・・というスタンスで、必要だと思われる情報を提供し、最終的には患者さんの自主性を重んじて、選択をして頂いています。人間の体は百人百様です。また同じように見える症状でも、原因が異なる場合が多く、おすすめする商品やメーカーが最初から決まっていることはありえないというのが私たちの基本姿勢ですので、十分に患者さんにお話を聞き、血流や血管の状態を確認し、ご希望があればコレステロールやヘモグロビンA1cの数値などもチェックさせていただき、従業員・家族で試してみて効果のあるものの中から、患者さんの悩みを解決できる最善の方法を提案します。

-地域への取り組みを教えてください

長野県でとても人気が高い武田徹さんがパーソナリティ―を務めるSBC(信越放送)の番組「徒然散歩道」や、FMぜんこうじの「ラジオ団塊倶楽部」で、健康に関するコメンテーターをさせて頂いたり、地域情報誌での健康コラムの執筆もさせて頂いています。また、長野には「サキベジ」(食事の時に先に野菜を沢山食べよう、1日7000歩以上歩こう、コミュニケーション 一緒に活動する仲間との関わりを持とう)という活動があり、これを応援しています。さらに独自で、年に1回は心・意識・健康生活に関連するテーマで県内外から講師をお招きし、講演会の開催を継続しています。

-大切にされていることは何でしょうか

「感情や意識と肉体は決して別々に存在しているのではなく、互いに影響し合って、私たちの人生を創造している。」ということです。特に私たちの意識の中の約90%を占めると言われる潜在意識の影響は見過ごせません。ストレスが病気の原因になることは、広く認知されていますが、何が私たちにとってストレスとなるかを決めているのは、一人ひとりの中に存在する潜在意識です。昼間、晴れている時はもちろんのこと、雨降りの時も空を覆う雲の上には変わらず太陽が輝いています。潜在意識とは、その雲のような存在です。潜在意識の取り扱いが上手になると、ストレスマネージメントが出来るようになり、漢方などの効き目もよくなります。

-今後の展望をお聞かせください

患者さんを大切にした医療活動を実践している様々な医療機関・代替医療家の皆さんと連帯しながら、患者さんの健康作りのための自由な選択肢を広げ、代替医療系の窓口として情報の発信と収集を行いながら、自社の得意分野(漢方薬や優良サプリメントを使いながら病気にならない体作りや未病段階での健康回復、病気の根本解決)に関しては、患者さんが持つ「治る力」を最大限に引き出す提案をして参ります。食べること、排泄すること(解毒を含む)、運動すること、よく眠ることについて、心(感情・意識)をベースに同じ価値観を持ち共鳴して下さる患者さんの輪を広げ、東洋医学的な生活を実践するための教育の場を作ります。

ご来店案内

マーシィー稲田薬局「健幸館」

住所 〒381-0042 長野県長野市稲田1-39-1
連絡先 TEL:026-239-6767
FAX:026-239-6363
営業時間 10:00~19:30
定休日 年中無休(年始定休あり)
店舗写真



マーシィー稲田薬局『健幸館』アルバム


トレーニングコーナー「健幸工房」

10万色の光線療法コーナー



サブコンテンツ